1. トップ >
  2. ご案内 >
  3. 政策担当秘書資格試験

政策担当秘書資格試験

 政策担当秘書資格試験とは、政策担当秘書に必要な知識及び能力を有するかどうかを判定する国家試験です。国会の政策担当秘書資格試験委員会(参議院及び衆議院が合同で事務を行う。)が原則として毎年1回実施します。

受験される皆様へ
(新型コロナウイルス感染予防のお願い)

〇 試験当日は、必ずマスクの着用をお願いいたします。

〇 当日までに自身のスマートフォンに新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をインストールし、キャンパス内ではBluetoothをONにしておいてください。

〇 受験者の皆様には、マスクの着用・手洗い・うがいなどの感染の予防を行うとともに、各自咳エチケットを守り、試験に臨んでくださるよう、お願いいたします。なお、本人確認のために、係員が指示した場合は、一時的にマスクを外していただきます。

〇 体調の悪い方・発熱している方・体調に不安のある方など以下に該当する方は受験をご遠慮ください。
 ・新型コロナウイルスに罹患して治癒していない。
 ・風邪症状や37.5℃以上の発熱がある。
 ・咳症状が続いている。
 ・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
 ・その他、感染可能性の症状がある。
 ・濃厚接触者(過去2週間以内に海外から帰国した者を含む)
  (初期スクリーニングの結果が陰性であり、無症状である場合はご相談ください。)
なお、追試験等の特別措置は予定しておりません。

〇 試験当日は検温を実施します。37.5℃以上の発熱や感染が疑われる症状がみられる場合、受験をお断りします。

〇 試験で利用する号館以外には立ち入り禁止です。

〇 キャンパス内で飲食の際には、他者との距離をとり、飛沫が飛ばないように静かにとってください。

〇 ごみは各自でお持ち帰りください。

資格試験

  1. 受験資格
  2. 受験申込
  3. 試験
  4. 資格
  5. 採用
  • 実施状況
  1. 令和2年度実施状況(PDF)
  2. 試験実施状況一覧(過去10年)(PDF)

勤務条件等

体験談

政策担当秘書制度・関係法規

ページの先頭に戻る