参議院公報

第201回国会(常会)

国際経済・外交に関する調査会経過

【第103号 (1) 令和2年6月17日(水)】

開会年月日 令和2年6月17日

  国際経済・外交に関する調査会(第六回) 
   国際経済・外交に関する調査の継続調査要求書を提出することを 
   決定した。 
   閉会中における委員派遣については会長に一任することに決定し 
   た。 

【第98号 令和2年6月10日(水)】

開会年月日 令和2年6月10日

  国際経済・外交に関する調査会(第五回) 
   国際経済・外交に関する調査報告書(中間報告)を提出すること 
   を決定した。 
   国際経済・外交に関する調査の中間報告を申し出ることを決定し 
   た。 

【第93号 令和2年6月3日(水)】

開会年月日 令和2年6月3日

  国際経済・外交に関する調査会(第四回) 
   「海を通じて世界とともに生きる日本」のうち、我が国が海洋立 
   国として国際社会を牽引するための取組と役割(海事産業の基盤 
   強化)について参考人東京大学大学院経済学研究科教授・同大学 
   ものづくり経営研究センター長藤本隆宏君、一般社団法人日本造 
   船工業会副会長上田孝君及び舞鶴市長多々見良三君から意見を聴 
   いた後、各参考人に対し質疑を行った。 
   海を通じて世界とともに生きる日本について意見の交換を行った。 

【第27号 令和2年2月26日(水)】

開会年月日 令和2年2月26日

  国際経済・外交に関する調査会(第三回) 
   「海を通じて世界とともに生きる日本」のうち、海洋資源・エネ 
   ルギーの確保など海洋の利活用及び開発の在り方(海底資源・海 
   洋再生可能エネルギーの管理・利活用と今後の展開)について参 
   考人東京大学名誉教授・国際資源開発研修センター顧問浦辺徹郎 
   君、熊本県立大学理事長白石隆君及び佐賀大学海洋エネルギー研 
   究センター教授石田茂資君から意見を聴いた後、各参考人に対し 
   質疑を行った。 

【第18号 令和2年2月12日(水)】

開会年月日 令和2年2月12日

  国際経済・外交に関する調査会(第二回) 
   「海を通じて世界とともに生きる日本」のうち、海洋資源・エネ 
   ルギーの確保など海洋の利活用及び開発の在り方(水産資源の管 
   理と保護)について参考人東京海洋大学名誉博士・客員准教授さ 
   かなクン君、漁業ジャーナリスト片野歩君及び東京財団政策研究 
   所上席研究員小松正之君から意見を聴いた後、各参考人に対し質 
   疑を行った。 

【第14号 令和2年2月5日(水)】

開会年月日 令和2年2月5日

  国際経済・外交に関する調査会(第一回) 
   国際経済・外交に関する調査のため必要に応じ参考人の出席を求 
   めることを決定した。 
   政府参考人の出席を求めることを決定した。 
   「海を通じて世界とともに生きる日本」のうち、我が国の海洋政 
   策について政府参考人から説明を聴き、政府参考人に対し質疑を 
   行った後、参考人東海大学静岡キャンパス長(学長補佐)・海洋 
   学部教授山田吉彦君及び東京大学名誉教授奥脇直也君から意見を 
   聴き、両参考人に対し質疑を行った。