1. トップ >
  2. 利用案内 >
  3. 参議院ホームページウェブアクセシビリティ方針

参議院ホームページウェブアクセシビリティ方針

 参議院ホームページは、以下のとおり、2016年(平成28年)3月22日に改正された日本工業規格「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3 部:ウェブコンテンツ」(以下、「JIS X 8341-3:2016」という)の適合レベルAAに準拠する事を目標とする。


1.対象範囲

参議院のウェブサイト:(http://www.sangiin.go.jp/)配下

ただし、以下については対応が困難なため、当面の間、当方針の対象外とする。

  • (1)別システムを利用して自動生成・出力されるコンテンツのうち、次のページ
    • 第186回国会より前に作成された質問主意書・答弁書
    • 第186回国会召集日前の参議院公報
    • 開会中の国会の召集日(閉会期間中の場合は直近の国会召集日)から次期国会召集日までの参議院公報
  • (2)動画を掲載しているページ
  • (3)サイト内検索結果のページ

2.目標達成に向けたスケジュールと状況

  • 2014年 3月:ウェブアクセシビリティ方針を策定・公開。ウェブアクセシビリティ試験実施ページについて、等級AAに準拠。
  • 2017年12月:優先度が高いと判断したページについてウェブアクセシビリティ試験を実施。
  •  今後については、「1.対象範囲」において適合レベルAA準拠を目標に、現時点で把握している問題点について順次改善を行うなど継続的な修正を行い、定期的にウェブアクセシビリティ試験を実施する。
     目標達成時期については、システム改修に合わせて新たに設定する予定である。

  • ※ 現時点で把握している主な問題点及び今後の対応に関する考え方
  • (1)PDFファイルにより提供する情報については、アクセシビリティ対応の手法及び支援技術に関する状況を踏まえつつ、今後、アクセシビリティ確保の方法について検討を行う。
  • (2)2017年度試験においてシステムから自動生成されるページで見つかった以下の問題点については、次期システム改修時に修正を検討する。
    • レフトナビにおいて、画面上の表示とHTML(ウェブページの言語)の構造が一致していない。
    • 新しいウィンドウを開くリンクにおいて、その説明がなされていない。
    • Firefoxでは文字サイズの変更ボタン「標準」「最大」にキーボードフォーカスが当たると、その後移動も抜け出すこともできない。
    • ページの自然言語(日本語)と異なる語句箇所に、適切な言語属性が指定されていない。
  • ※ 当ウェブアクセシビリティ方針における「準拠」という表記は、情報通信アクセス協議会ウェブアクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツの JIS X 8341-3:2016 対応度表記ガイドライン 2016年3月版(2016年3月22日公開)」で定められた表記による。

3.追加する達成基準

「1.対象範囲」においては、以下に示すJIS X 8341-3:2016上の適合レベルAAAの達成基準についても準拠を目指す。

  • キーボード(例外なし)の達成基準(箇条 2.1.3)
  • タイミング非依存の達成基準(箇条 2.2.3)
  • 3回のせん(閃)光の達成基準(箇条 2.3.2)
  • 要求による変化の達成基準(箇条 3.2.5)
  • ヘルプの達成基準(箇条 3.3.5)

4.試験結果


5.担当部署

参議院事務局庶務部広報課

住所:100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
TEL:03-3581-3100
(参議院テレホンサービス 平日の午前9時から午後5時)
Eメール:webmaster@sangiin.go.jp
なお、添付ファイルは受け取れませんのでご注意ください。