1. トップ >
  2. 参議院の動き >
  3. 平成29年の参議院の動き >
  4. 参議院ODA調査派遣第3班

参議院の動き

参議院ODA調査派遣第3班

平成29年2月16日~2月24日

プンプレック浄水場の視察(カンボジア)(平成29年2月16日~2月24日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
プンプレック浄水場の視察
(カンボジア)

新校舎が建設されたケオポア中学校の視察(カンボジア)(平成29年2月16日~2月24日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
新校舎が建設されたケオポア中学校の視察
(カンボジア)

ピーター・タン外務副次官との意見交換(シンガポール)(平成29年2月16日~2月24日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
ピーター・タン外務副次官との意見交換
(シンガポール)

基礎教育研究開発センターの視察(ミャンマー)(平成29年2月16日~2月24日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
基礎教育研究開発センターの視察
(ミャンマー)

キン・マウン・チョー工業大臣との意見交換(マラウイ)(平成29年2月16日~2月24日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
キン・マウン・チョー工業大臣との意見交換
(ミャンマー)

 参議院は、ODA調査派遣第3班(団長岩井茂樹議員、三宅伸吾議員、古賀之士議員、竹谷とし子議員及び山添拓議員)を、平成29年2月16日(木)から2月24日(金)まで、カンボジア王国、シンガポール共和国及びミャンマー連邦共和国に派遣しました。

 カンボジア王国では、ビジネス人材の研修や交流の拠点となっているカンボジア日本人材開発センター(無償、技術協力)、蛇口から直接飲める水質の水道水を安定的に供給することに成功したプンプレック浄水場(無償、技術協力)、校舎建設や机・椅子等の供与により二部制の授業が解消されたケオポア中学校(草の根・人間の安全保障無償)、現地人材の育成も含め、長期的に遺跡修復の支援が行われているアンコール・ワット西参道(一般文化無償)及びバイヨン寺院(ユネスコ文化遺産保存日本信託基金)、日本の支援により国道一号線のメコン川渡河地点に建設され、「つばさ橋」と呼ばれ親しまれているネアックルン橋梁を視察しました。 また、ハン・チュンナロン教育・青少年・スポーツ大臣、オーン・ポンモニラット上級大臣兼経済財務大臣、スン・チャントール上級大臣兼公共事業・運輸大臣等とカンボジア王国に対する我が国の援助の在り方等について意見交換を行いました。 さらに、サイ・チュム上院議長を始めとするカンボジア国会議員のほか、JICA専門家、青年海外協力隊員、シニアボランティア、日本企業関係者等と意見交換を行いました。

 シンガポール共和国では、シンガポール外務省を訪問し、日本とシンガポールが協力して第三国に対する技術協力を行う「21世紀のための日本・シンガポール・パートナーシップ・プログラム」(JSPP21)について、ピーター・タン外務副次官と意見交換を行ったほか、日本企業関係者と意見交換を行いました。

 ミャンマー連邦共和国では、暗記中心の教育からの脱却に向け、新たなカリキュラムや教科書・指導書等を開発している基礎教育研究開発センター(技術協力)、迅速かつ精度の高い情報提供によりサイクロン被害の軽減が期待されるヤンゴン気象レーダー塔(無償)、ODAのスキームを総動員した整備が進められ、多くの日本企業が進出を始めているティラワ経済特別区(無償、有償、技術協力、海外投融資)、実践的なビジネス人材育成を行うミャンマー日本人材開発センター(技術協力)、手続の効率化やコスト削減に資するミャンマー税関署内の電子通関システム「MACCS」(無償、技術協力)を視察しました。  また、チョウ・ウィン計画・財務大臣、キン・マウン・チョー工業大臣、タン・スィン・マウン運輸・通信大臣等とミャンマー連邦共和国に対する我が国の援助の在り方等について意見交換を行ったほか、JICA専門家、シニアボランティア、NGO、HIDA(一般財団法人海外産業人材育成協会)関係者、日本企業関係者等と意見交換を行いました。  さらに、アジア地域全体における少子高齢化の進展と我が国の技能実習制度の改正を見据え、ミャンマー初の高齢者向けデイケアセンター及び介護人材の育成と日本語指導等を実施しているポールスター介護サービス社を訪問しました。