1. トップ >
  2. 参議院の動き >
  3. 平成29年の参議院の動き >
  4. 参議院ODA調査派遣第2班

参議院の動き

参議院ODA調査派遣第2班

平成29年2月20日~3月2日

サンパウロ州警察の交番視察(ブラジル)(平成29年2月20日~3月2日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
サンパウロ州警察の交番視察
(ブラジル)

サンパウロ州沿岸部衛生改善事業の視察(ブラジル)(平成29年2月20日~3月2日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
サンパウロ州沿岸部衛生改善事業の視察
(ブラジル)

リベロス外務次官との意見交換(チリ)(南アフリカ)(平成29年2月20日~3月2日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
リベロス外務次官との意見交換
(チリ)

国家緊急対策庁の緊急対策センター視察(チリ)(平成29年2月20日~3月2日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
国家緊急対策庁の緊急対策センター視察
(チリ)

 参議院は、ODA調査派遣第2班(団長松下新平議員、中西祐介議員及び礒﨑哲史議員)を、平成29年2月20日(月)から3月2日(木)まで、ブラジル連邦共和国及びチリ共和国に派遣しました。

 ブラジルでは、サンパウロにおいて、開拓先没者慰霊碑への献花を行い、日本館、移民史料館の訪問や日系社会代表者との意見交換等を通じ、190万人に及ぶ同国の日系移民社会の歴史や現状などについて理解を深めるとともに、日本の交番をモデルとした地域警察制度の普及・定着状況などを視察しました。また、日本からのブラジル移民船第1号(笠戸丸)の到着地である歴史的都市サントスにおいては、日系団体が経営する高齢者養護施設・厚生ホーム、サントス日本人会館を訪問したほか、サンパウロ州沿岸部衛生改善事業を視察しました。また、ブラジリアにおいて、日伯セラード農業開発協力事業に関するブラジル側の中心的推進組織であったブラジル農牧研究公社・セラード農牧研究所を訪問し、事業の歴史的経緯と今後の課題などについての意見交換と施設視察を行いました。さらに、都市省事務次官、国際協力庁長官と面談し、両国の協力関係について意見交換を行うとともに、日伯議員連盟の会長を務める西森ルイス下院議員との政治経済情勢に関する意見交換や、連邦議会の視察を行いました。その他、議員団は、JICA専門家、JICAボランティアから現地での活動の様子を聞いたほか、日系企業関係者との意見交換、サンパウロに建設中のジャパンハウスの視察も行いました。

 チリでは、サンティアゴにおいて、パイネ区の一村一品運動、日本企業(種苗業者)、日本が供与した救急車、また、医療に関する三角協力の拠点であるサン・ボルハ病院を視察するとともに、外務次官(外務大臣代理)、国際協力開発庁長官と面談し、両国の協力関係とチリがODA卒業国となった後の課題などについて意見交換を行いました。また、両国共通の課題でもある防災に関連し、国家緊急対策庁において、同庁長官との面談、チリを拠点として三角協力により中南米諸国の防災人材育成を進める「KIZUNA」プロジェクトの関係者等との意見交換、及び緊急対策センター等施設の視察を行いました。さらに、高知県黒潮町で開催された「世界津波の日」高校生サミットにおいてチリ側の中心的役割を果たした教育省では、同サミットに参加した高校生等から話を聞くなどしました。また、ラ・セレナにおいて、日本語教育に取り組むラ・セレナ大学との意見交換を行ったほか、我が国の技術協力により主要産業の一つにまで成長した魚介類の養殖産業について、カトリカ・デル・ノルテ大学の浅海養殖センターを視察し、大学関係者及び地元ホタテ貝養殖漁民と意見交換を行いました。その他、議員団は、JICA専門家、JICAボランティアから現地での活動の様子を聞くとともに、JICAを通じた日本での研修履修者の組織であるJICA帰国研修生同窓会の会員や日系企業関係者との意見交換も行いました。