1. トップ >
  2. 参議院の動き >
  3. 平成29年の参議院の動き >
  4. 参議院ODA調査派遣第1班

参議院の動き

参議院ODA調査派遣第1班

平成29年1月10日~1月20日

ヴィアナ職業訓練センター視察(アンゴラ)(平成29年1月10日~1月20日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
ヴィアナ職業訓練センター視察
(アンゴラ)

ジョシナ・マシェル病院視察(アンゴラ)(平成29年1月10日~1月20日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
ジョシナ・マシェル病院視察
(アンゴラ)

ジョナス財務副大臣との意見交換(南アフリカ)(平成29年1月10日~1月20日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
ジョナス財務副大臣との意見交換
(南アフリカ)

ブランタイヤ市道路網整備計画視察(マラウイ)(平成29年1月10日~1月20日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
ブランタイヤ市道路網整備計画視察
(マラウイ)

日本の援助を示す幹線道路のプレート(マラウイ)(平成29年1月10日~1月20日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
日本の援助を示す幹線道路のプレート
(マラウイ)

一村一品生産者村落視察(マラウイ)(平成29年1月10日~1月20日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
一村一品生産者村落視察
(マラウイ)

ジャグナット財務・経済開発大臣との意見交換(モーリシャス)(平成29年1月10日~1月20日)の写真 クリックすると拡大写真がご覧いただけます
ジャグナット財務・経済開発大臣との意見交換
(モーリシャス)

 参議院は、ODA調査派遣第1班(団長佐藤正久議員、堀井巌議員及び杉尾秀哉議員)を、平成29年1月10日(火)から1月20日(金)まで、アンゴラ共和国、南アフリカ共和国、マラウイ共和国及びモーリシャス共和国に派遣しました。

 アンゴラ共和国では、産業界のニーズに合致した技術者育成を行っているヴィアナ職業訓練センター(無償及び技術協力)及び同国で最大規模の総合病院であり、特に低所得者層にとって不可欠な病院であるジョシナ・マシェル病院を視察しました。

 また、ブラガンサ外務副大臣、オリヴェイラ第5委員会(経済・財政担当)副委員長及びデ・ソウザ将軍を訪問し、アンゴラ共和国に対する我が国の援助の在り方や同国の経済発展における地雷処理の重要性等について意見交換を行ったほか、在留邦人との意見交換を行いました。

 南アフリカ共和国では、南部アフリカ唯一の公立子ども病院である赤十字戦争記念子ども病院(草の根・人間の安全保障無償)を視察しました。

 また、モッツアレディ保健大臣、ジョナス財務副大臣を訪問したことに加え、エブラヒム大統領顧問との昼食懇談会を行い、南アフリカ共和国に対する我が国の援助の在り方等について意見交換を行ったほか、在留邦人、海外青年協力隊員との意見交換を行いました。さらには、フロリック国民議会議長代行等と夕食懇談会を行ったほか、国会を見学し、スタンダー儀典長から同国国会に関する詳細な説明を受けた上で、両国の議会間交流を積極化させることの重要性について、意見交換を行いました。

 マラウイ共和国では、区間の整備改修と拡幅を行うことで、輸送時間の短縮等の効果が期待されているブランタイヤ市道路網整備計画(無償)、マラウイ湖東岸からモザンビークへ至る唯一の橋梁であるマンゴチ橋掛替計画(無償)、養蜂を行うことで所得向上を目指している一村一品生産者村落(技術協力)を視察したほか、我が国の青年海外協力隊員が教員として勤務している中等学校改修計画(無償)やカムズ国際空港ターミナル拡張計画(無償)を視察しました。

 また、カサイラ外務大臣、ムハンゴ運輸大臣との夕食懇談会を行ったほか、カバンベ外務次官を訪問し、マラウイ共和国に対する我が国の援助の在り方等について意見交換を行いました。さらには、JICA事務所を訪問したほか、多数の青年海外協力隊員やシニアボランティアとの意見交換を行いました。

 モーリシャス共和国では、サイクロン監視能力を高めるための気象レーダーシステム整備計画のほか、気象庁の関連施設を視察しました。

 また、ジャグナット財務・経済開発大臣、シナタンブー技術・通信・革新大臣兼環境・持続可能な開発・災害・海岸管理大臣を訪問したことに加え、ラチュミンアライドゥ外務・地域統合・国際貿易大臣との昼食懇談会を行い、モーリシャス共和国に対する我が国の援助の在り方等について意見交換を行ったほか、在留邦人との意見交換を行いました。