子ども国会

参議院70周年トップページへ
  • 文字サイズの変更
  •  
子ども国会トップページ
子ども国会とは
子ども国会の日程
募集要項
子ども国会議員名簿
子ども国会役員一覧等
子ども国会審議中継
子ども国会宣言等
キッズページ

子ども国会宣言等

 私たちは、「参議院七十周年記念子ども国会」に全国から集まりました。各委員会では、「私たちがつくる未来」を共通のメインテーマとして、「家族・ふるさと」、「世界の人とのつながり」、「安心な社会」、「オリンピック・パラリンピック」、「いのち・環境」、「発明・発見」について、それぞれ活発に話合いを行いました。この子ども国会での議論を通じ、より良い未来を開くため、私たちは、次のとおり宣言します。

一、家族やふるさとを大切にするために
  私たちは、家族やふるさとが大好きです。家族や地域の人とふれあい、ふるさとの自然や伝統を大事にしていきます。そして、ふるさとのことをよく学び、その魅力を広めていきます。

二、ことばや暮らしが違う人と仲よくしていくために
  私たちは、世界の人たちと理解し合い、お互いの違いを尊重することが大切だと考えます。そのために、積極的に世界の人たちと交流し、相手の文化やことばを学び、日本のことも伝えていきます。

三、みんなが安心して生活できる社会にするために
  私たちは、お年寄りや体の不自由な人の気持ちを理解し、地域の様々な人たちとのきずなを深めていきます。それにより、災害時の助け合いや防犯につながり、みんなが安心して暮らすことができると考えます。

四、オリンピック・パラリンピックを成功させるために
  私たちは、来日する人や障がいのある人が困らないように様々な工夫をし、日本全体で大会を盛り上げることが大切だと考えます。また、文化やおもてなしの精神など日本の魅力を発信していきます。

五、いのちや環境の大切さを知ってもらうために
  私たちは、ほかの生き物のいのちや地球の環境を守り、持続可能な社会を作っていきます。そのために、自然を守ること、地球温暖化を防ぐこと、ゴミを減らすことなどに積極的に取り組みます。

六、便利な社会にするための発明、発見を行うために
  私たちは、不便で困っている人を助けるには、どんな発明や発見が必要か、常に考える姿勢を持ち続けます。また、新しいことを始めようとしている人を応援する制度や環境づくりが大切だと考えます。

 一人一人の力は小さくても、みんなで力を合わせて行動すれば、とても大きな力になります。私たちは、この子ども国会宣言を全国に発信し、みんなで手を取り合って、光り輝く未来へのかけ橋を築いていきます。大人の皆さんも、すべての子どもが希望に満ちた平和な世界になるようにお願いしたいと思います。

● 子ども委員会報告
 (子ども本会議における各委員長からの報告)
 第1委員会を代表して、きのうの委員会で「家族やふるさとを大切にするために」をテーマとして行った議論について報告します。
 まず、各委員から意見発表が行われました。
 各委員からは、家族やお年寄り、地域の人との時間を大切にすること、伝統と自然を守り受け継いでいくこと、災害への理解を深め、備えをすること、ふるさとの魅力を発信し、地域の活性化につなげることなどが大切であるといった意見が出されました。
 次に、これらの意見をもとに、意見交換を行ったところ、家族や地域の人たちとのふれあいを深めるため、日頃からあいさつを心がける、家族と一緒の時間を持つ、という意見や、自分のふるさとの良さを知るため、本やインターネットで調べたり、地域の人々やお年寄りに地域の魅力を教えてもらう、などの意見が出されました。また、地域の豊かな自然を今後も守っていくために、道にゴミを捨てないよう心がけるなど、一人一人が自然を守る気持ちを持つ、ふるさとの魅力を広めるために、伝統行事などの魅力をパンフレットなどで伝え、ほかの地域のイベントでも紹介してもらうといった意見も出されました。
 以上で、第1委員会の報告を終わります。
 第2委員会を代表して、きのうの委員会で「ことばや暮らしが違う人と仲よくしていくために」をテーマとして行った議論について報告します。
 まず、各委員から意見発表が行われました。
 各委員からは、ことばや暮らしが違う人たちとお互いに理解を深めていくために大切なことについて、世界の文化や習慣に興味を持って学ぶ、自信を持ってあいさつや意思の疎通ができるように相手のことばを学ぶ、スポーツや芸術などを通じて世界の人と積極的に交流する、日本の文化や歴史を学び、映像などを活用して世界の人に伝えていく、考え方や価値観の違いを否定的にとらえず、尊重し、歩み寄る努力をするなど、様々な意見が出されました。
 これらの意見をもとに、意見交換を行ったところ、ことばや暮らしが違う人との交流に必要なこと、お互いの違いを認め、尊重し合うために大切なことなどについて、活発な議論が行われ、ホストファミリーとして日本に来る人を受け入れる、テレビ電話などの技術を使って交流範囲を広げる、外国に日本のアンテナショップをつくるなどの提案がありました。
 以上で、第2委員会の報告を終わります。
 第3委員会を代表して、きのうの委員会で「みんなが安心して生活できる社会にするために」をテーマとして行った議論について報告します。
 まず、各委員から意見発表が行われました。
 各委員からは、お年寄りや体の不自由な人が困っている事へのみんなの理解と解決、防災訓練の強化、避難場所や避難路の確認、地域のきずな、困っている人への声かけや支援、教育の無償化、子どもにやさしい社会にすることなどが必要という意見が挙げられました。
 これらの意見をもとに、意見交換を行ったところ、
 まず、地震や台風などに備えて、避難訓練を迅速にする、ハザードマップを作成し周知する、避難場所等について家族で話し合うなどの意見が出ました。
 次に、お年寄りや体の不自由な人のために、ユニバーサルデザインやバリアフリー化を進める、不自由さを体験したり、意見や要望を聞いたりして理解を深める、困っている人に積極的に声をかけて助ける、高齢者が安心して運転できる車を作るなどの意見が出ました。
 最後に、地域の防犯や安全のために、あいさつやお祭りなどで地域の人々と交流してきずなを深める、防犯カメラや街灯を設置するなどの意見が出ました。
 以上で、第3委員会の報告を終わります。
 第4委員会を代表して、きのうの委員会で「オリンピック・パラリンピックを成功させるために」をテーマとして行った議論について報告します。
 まず、各委員から意見発表が行われました。
 各委員からは、文化や技術など日本の良さを知ってもらう取組をする、来日する人々が言葉に困らないようアプリやロボットなどを活用する、障がいのある人に配慮した会場・街づくりを心掛ける、テロ対策に顔認証システムといった最新技術を活用するなどの意見が多く出されました。
 また、競技ルールや選手について知ることで楽しさが増す、使用済み携帯電話などから取り出した金属でメダルを作るプロジェクトに積極的に参加する、宗教やアレルギーに関する食品の情報を分かりやすく表示するなどの意見も出されました。
 これらの意見をもとに、意見交換を行ったところ、来日する人々や障がいのある人々が困らないよう、どのような工夫ができるか、文化やおもてなしの精神など日本の魅力を世界に発信するために、自分たちはどのようなことができるか、日本全体で大会を盛り上げるために、どのようなことができるかなどについて、様々な議論が行われました。
 以上で、第4委員会の報告を終わります。
 第5委員会を代表して、きのうの委員会で「いのちや環境の大切さを知ってもらうために」をテーマとして行った議論について報告します。
 まず、各委員から意見発表が行われました。
 各委員からは海や川、山や森、里など生き物の住む環境を守る必要があること、異常気象などの原因にもなる地球温暖化を防止すること、世界中の多くの種類のゴミを減らしていかなければならないことなど持続可能な社会にするための意見が出されました。
 また、いのちの大切さについて、動物愛護や、いじめを防ぐこと、日々の生活のありがたさを思い返すことが大切であるなどの意見も出されました。
 これらの意見をもとに、意見交換を行ったところ、自然を守るために、ゴミをポイ捨てしないこと、外来種を放さないこと、ボランティアで自然をきれいにすることといった、私たちが身近にできる対策があげられました。また、地球温暖化に対しては、冷房の設定温度を上げること、太陽光などの自然エネルギーの活用を増やすことなどの対策が、さらに、ゴミを減らすためには、リデュース、リユース、リサイクルの3R活動などの対策が重要であると議論されました。
 また、動物や植物のいのちの大切さを知ってもらうため、自然とふれ合う機会を増やす、ペットの殺処分を減らすなど身の回りの生き物を大事にする、ポスターなどでいのちの大切さを呼びかける、などの意見もあげられました。
 以上で、第5委員会の報告を終わります。
 第6委員会を代表して、きのうの委員会で「便利な社会にするための発明、発見を行うために」をテーマとして行った議論について報告します。
 まず、各委員から意見発表が行われました。
 各委員からは、高齢化社会や環境汚染のような問題を解決する発明や発見が重要であり、そのような社会の問題について関心を持つことや話し合うことが大切であるという意見が述べられました。また、研究設備や教育の充実、特許申請手続を簡単にすることなど国のサポートが必要であるという意見もありました。
 これらの意見をもとに、意見交換を行ったところ、便利な社会の実現のために何が必要か、常に考える姿勢を持ち続けることの大切さ、発明をする人を応援する制度作りや国民が発明に対する興味を持つための環境作りの大切さに関する意見が出されました。そのほか、発明や発見が悪い目的に使用されないための工夫に関する議論も行われました。
 私たちの委員会では、全国の子ども国会議員が自分たちの意見をしっかり持ち、積極的な発言をして充実した議論となりました。今後、委員会での議論を通じて学んだことを活かして、社会に貢献できる人になりたいです。
 以上で、第6委員会の報告を終わります。


● 参議院議長・副議長のあいさつ

 子ども国会議員の皆さん、こんにちは。参議院議長の伊達忠一でございます。
 子ども国会議員への御当選、誠におめでとうございます。暑い中、日本全国から、参議院へようこそおいでくださいました。
 子ども国会の開催は今回で4回目となりますが、今回の子ども国会は、参議院が今年、創設70周年を迎えるのを記念して開催することになりました。参議院議長として、子ども国会に参加してくれた意欲あふれる皆さんを心より歓迎します。
 我々参議院議員の任期は6年と長く、衆議院と違い解散もないことから、長期的で幅広い視点に立って政策課題に取り組める環境が整っております。そうした特性を生かして、参議院は独自の活動も展開してまいりました。
 皆さんが座っているこの本会議場、そして、この後皆さん方が議論をする委員会室で、我々参議院議員は、国民の安全、安心な暮らしを実現するため、そしてこの国をより良くするため、日々、真剣に議論を行っているところでございます。
 今日から2日間、「私たちがつくる未来」をテーマに、皆さんによる、皆さんの未来のための議論が行われます。皆さんも国会議員になったつもりで、大いに議論し、提言してください。皆さんの豊かな発想力で、すばらしい子ども国会宣言が取りまとめられますことを心から期待をしております。
 皆さんの御健闘をお祈り申し上げて、私のごあいさつといたします。ありがとうございました。
 子ども国会議員の皆さん、おはようございます。参議院副議長の郡司彰でございます。
 子ども本会議が開かれるに当たり、一言ごあいさつをいたします。
 皆さん、昨日からこの参議院で過ごされてみて、どのように感じましたか。これまで遠い存在だった国会が少しは身近に感じられたでしょうか。
 この国会議事堂は、1936年、昭和11年に建てられ、今年で81年になりました。皆様も学校などで学んだことと思いますが、国会では、法律を作る以外にも、内閣総理大臣の指名や予算の議決など、国の運営に欠かせないたくさんの大切な物事を決めています。そして、その大切な物事を最終的に決めるのは、今皆さんが座っているこの本会議場で開かれる本会議になります。ですから、これから開かれる子ども本会議もとても大切な会議です。どうですか、国会議事堂の完成以来、その全てを見守ってきたこの本会議場の雰囲気がほかとは少し違うように感じられるのではないでしょうか。
 さて、昨日は、それぞれの委員会に分かれて大変活発な話合いが行われたことと思いますが、皆さん、自分の意見を積極的に発表することができましたか。中には、たくさんの意見が出て、なかなか意見がまとまらなかった委員会もあったかもしれません。しかし、それも皆さんが真剣に話合いを行ったあかしであります。そして、その成果がこの後の子ども国会宣言であります。でも、もし自分の意見が入らなかったとしても、その意見を一生懸命考えた過程が大切であり、それが皆様にとって本当に価値があるということを是非覚えておいてください。
 子ども国会は本日で終わりますが、日本の未来について考えようとこの場に集まった皆さんの意欲はとてもすばらしいものです。どうか、その高い志をこれからも持ち続けて、それぞれの夢に向かって頑張ってください。未来は、皆さん一人一人が声を上げることで、より良くなると信じています。
 皆さんのますますの御活躍を期待をして、私のごあいさつといたします。ありがとうございました。