国際会議:参議院
  1. トップ >
  2. 国際関係 >
  3. 国際会議 >
  4. 第2回世界議長会議への扇参議院議長の出席について

国際関係

国際会議

第2回世界議長会議への扇参議院議長の出席について

平成17年8月30日
参議院国際部

 第2回世界議長会議に、参議院代表団が参加します。会議期日、代表団等については、下記のとおりです。

1.期日

2005年9月7日(水)~9日(金)

2.場所

国連本部(米国、ニューヨーク)

3.主催

IPU(列国議会同盟)

4.目的

・世界の人民の代表者たる議会の声を表明すること

・2000年の第1回会議以降、議会によりなされた行動を評価すること

・IPUがいかにして国際協力と国連に寄与することができるかを検討すること

5.開催に至る経緯

 第1回世界議長会議は、2000年に行われた第55回国連総会(国連ミレニアム総会)に際し、同年8月30日~9月1日にニューヨークで開催された。136か国の議会から議長144名、副議長16名の参加があり、日本からは綿貫元衆議院議長が出席した。同会議では、国際協力にいかに議会の視点を反映させるかについて討議が行われ、各国議会に国際問題への関与の強化を求めることを内容とする最終宣言「第三千年紀の幕開けに際しての国際協力に関する議会の提言」が採択された。

 第108回IPUサンティアゴ会議(2003年4月、チリ)の際に、第2回世界議長会議を開催することが決定され、15名の国会議長から構成される準備委員会が設置された。第2回世界議長会議では、第1回世界議長会議のフォローアップを行うとともに、21世紀の課題達成に向けた議会の貢献に関する討議を行う。

6.議題

1. 議事日程の採択

2. 「国際情勢への議会の関与」に関する報告

3. ミレニアム開発目標の達成に関する進捗状況報告

4. 「議会の民主主義への貢献」に関する報告

5. 一般討議:「議会と多国間協力:21世紀の課題の達成」

6. 宣言の採択