民法を改正し、選択的夫婦別氏制度を導入することに関する請願:請願の要旨:参議院

請願

 

第173回国会 請願の要旨

新件番号 81 件名 民法を改正し、選択的夫婦別氏制度を導入することに関する請願
要旨  家族の形態やライフスタイルは多様化し、婚姻や家族の役割などに対する個人の考え方や意識も大きく変化している。また、女性の社会参画も進む中、婚姻による改氏によって不利益を被るのは多くの場合女性であるため、氏を変えたくないと考える人が増えている。憲法第二四条では、家庭生活における個人の尊厳と両性の本質的平等がうたわれている。人権が最大限に尊重され、自由と平等が保障される豊かな社会を構築するためには、氏の決定においても個人の自由意思をできるだけ尊重し、選択の幅が広く許容される制度が必要である。
 ついては、男女の実質的平等の保障及び個人の自由意思尊重の観点から、また安心して結婚、出産、子育てのできる環境整備のため、次の事項について実現を図られたい。

一、民法を改正し、選択的夫婦別氏制度を導入すること。

一覧に戻る