1. トップ >
  2. 参議院のあらまし >
  3. 参議院改革の歩み >
  4. 今日の参議院の活動 >
  5. ODA調査

参議院のあらまし

今日の参議院の活動

ODA調査

 参議院では、二院制の下における参議院の独自性を高めるため、決算審査の充実等の観点から、政府開発援助(ODA)予算の適正な執行を始めODAをめぐる諸問題の調査に積極的に取り組んでいます。
 平成16年度からは、参議院改革協議会報告書(平成15年7月)の提言に基づき、ODA経費の効率的運用に資するため、毎年度、ODAに関する専門の議員調査団(参議院政府開発援助調査派遣団)を海外に派遣しています。調査の結果は報告書にまとめられ、参議院での本会議、委員会でのODAに関する議論に活用されており、参議院ホームページを通じて一般にも公開されています。
 第164回国会召集日の平成18年1月20日には、ODAを始めとする国際援助・協力に関する諸問題を調査するため、政府開発援助等に関する特別委員会が設置されました。このODA特別委員会においては、対政府質疑のみならず、参考人質疑、本院のODA調査派遣団の参加議員との意見交換、来日中の被援助国首脳からの意見聴取等を実施しているほか、予算の委嘱審査において13府省庁に別々に計上されているODA関係経費の横断的審査も実施しています。また、我が国の新たな国際援助の在り方等に向けての提言や決議も行っています。

ページの先頭に戻る