1. トップ >
  2. ご案内 >
  3. 政策担当秘書資格試験 >
  4. 国会議員政策担当秘書資格試験第1次試験(論文式)の過去問・出題の趣旨

ご案内

政策担当秘書資格試験

国会議員政策担当秘書資格試験第1次試験(論文式)の過去問・出題の趣旨

  • 国会議員政策担当秘書として必要な高度な企画力・分析力・構成力等を見る総合的な論文式試験であり、特定の知識の有無を問うものではない。
  • 問題文及び提示された資料を分析し、論述する形式となっている。
  • 課題1は必須問題である。課題2及び課題3は選択問題であり、いずれか1題を選択する。(計2題解答)
  • 各問1000字~1600字で論述する(ただし平成25年度までは1000字~1200字)。解答時間は3時間である。

※ 出題は、ある時点における社会状況を前提としたものであり、現在の状況とは必ずしも一致しない。

※ 問題・出題の趣旨の転載等の利用は禁止する。

ページの先頭に戻る