1. トップ >
  2. ご案内 >
  3. 政策担当秘書資格試験 >
  4. 政策担当秘書制度

ご案内

政策担当秘書資格試験

政策担当秘書制度

政策担当秘書制度は、国会改革の一環として、平成5年の国会法改正により、国会議員の政策活動を直接補佐する秘書を設けて、国会議員の政策立案・立法調査機能を高めるために創設されました。
これにより、各国会議員は、公設秘書として、職務の遂行を補佐する2人(第一秘書・第二秘書)に加え、主として政策立案及び立法活動を補佐する秘書として政策担当秘書1人を付することができるようになりました(国会法第132条第2項)。

ページの先頭に戻る