議長のあいさつ:参議院
  1. トップ >
  2. 議長のあいさつ(年頭所感)

議長のあいさつ


 年頭所感

議長の写真

 皆様には、新しい年の始まりをお健やかにお迎えになられたことと存じます。
 昨年は4月の熊本地震を始め、相次ぐ大規模地震、大雨、台風等、自然災害に見舞われた一年でありました。被災地の復旧・復興に昼夜を問わず取り組んでおられる皆様方に深く敬意と謝意を表します。被災された方々が一日でも早く、普段通りの生活を取り戻されますことを心から祈念申し上げます。
 本年、参議院は創設から70年の節目を迎えます。日本国憲法とともに誕生し、衆議院の補完・抑制・均衡の役割を担いながら、国権の最高機関たる使命を今日まで果たしてまいりました。
 国際情勢がますます複雑な様相を呈する中で、今年は諸外国で首脳交代や選挙が予定されております。内政においても、速やかに解決を要する課題が山積しており、時代は正にうねりの中にあると言えましょう。
 今後とも、社会の安寧と人々の豊かな暮らし、また、世界平和の実現に向けて、真摯に議論を重ね、国民の負託に応えられますよう「良識の府」として力を尽くしてまいります。
 この一年が皆様方にとりまして、穏やかで、平安なものとなりますことを心よりお祈り申し上げ、私からの新年の御挨拶といたします。

参議院議長「伊達 忠一」(議長の署名)